情操教育の方法を把握しよう

自然と触れる機会を増やそう

山や海に連れて行くことで、自然の仕組みが分かります。
どこにどのような生物がいて、どんな暮らしをしているのか教えてあげてください。
子供に、自分で調べさせるのもおすすめです。
図鑑などで調べると、知識を増やすことができます。
自然に触れさせると、好奇心を育てることができるでしょう。
3歳ぐらいになれば、山や海に連れて行っても危険なことは無いはずです。

そのぐらいの年齢から、情操教育を開始しましょう。
大人の休みの都合で、頻繁に山や海へ連れて行くことはできないかもしれません。
公園や庭など、身近なところにも自然はたくさんあります。
普段はそのような自然で、様々なことを学ばせてください。
自然に興味を持ってもらいましょう。

生き物を飼育してみよう

ペットを飼育することが、情操教育になると言われています。
命を育てるので、簡単なことではありません。
子供がペットを飼育できるか、しっかり話し合って判断してください。
生き物を飼育するのは難しいと思ったら、植物を育てるのもおすすめです。
植物なら、生き物よりかは簡単に育てることができます。

狭いスペースでも育てられるので、アパートやマンションでも良いですね。
しかし植物の水やりを忘れると、すぐに枯れてしまいます。
毎日水やりをさせて、責任感を育ててください。
植物や生き物を飼育していると、成長する姿を観察できます。
子供の心に、良い影響を与えることができるでしょう。
責任感が身に付くと同時に、優しい心も育つと思います。


この記事をシェアする